50代の保湿化粧水の選び方

体の老化に伴い、50代のお肌には、これまで以上にしっかりとしたエイジングケアが必要になると言えるでしょう。お肌の老化によって、大切なバリア機能が衰える傾向にあり、表皮の皮膚が乾燥してめくり上がりやすい状態になっています。

こうした状態で有害な紫外線にさらされてしまうと、その刺激が真皮にまで到達して大事なエラスチンやコラーゲンが大きなダメージを受けてしまいます。

そんな50代のお肌にお勧めなのが、真皮までしっかりとケアするのに効果的な保湿化粧水です。もちろん、一言で保湿化粧水と言っても、実に多くの種類があるものです。そこで、正しい保湿化粧水の選び方のポイントをしっかり押さえておくことが必要でしょう。

50代の保湿化粧水の選び方は?

50代のお肌に合った化粧水の選び方として是非とも押さえておきたいポイントは、保湿力が高いものであるとともに、真皮層までしっかりケアできる美容成分がたっぷり含まれているものを選ぶということです。

例えば、お肌の乾燥に伴ってできてしまったシワを改善するためには、お肌の土台ともなるコラーゲンを増やさなければなりません。

しかし、そうだからと言って、コラーゲン配合の化粧水ならどれを選んでもエイジングケア効果があるというわけではないのです。基本的に言って、コラーゲンには幾つもの種類があり、分子も比較的大きめであるため、年齢を重ねたお肌にはなかなか浸透していかないという特性があるからです。

50代の肌に必要な成分は?

それで、50代のようにある程度年齢を重ねたお肌なら、お肌に馴染みやすいフィッシュコラーゲンのような、低分子のコラーゲンがたっぷり配合されている保湿化粧水を選ぶことができます。それによって、大切なお肌に十分な保湿を与え、より柔らかいお肌へと導くことができるからです。

また、正しい化粧水の選び方のもう一つのポイントは、コラーゲンの浸透力をより一層高めるために、コラーゲンと共に配合されている他の成分にも注意するということです。

一般的に言って、コラーゲンとの相性が良く、コラーゲンをより浸透しやすくする働きを持つ成分として、ビタミンC誘導体やレチノールといった成分があります。これらの美容成分がしっかり配合されている化粧水を選ぶよう心がけましょう。

さらに、50代の保湿化粧水の選び方で見逃すことができない別のポイントは、セラミドが配合されているものを選ぶということです。油溶性のセラミドには、お肌の角質層に潤いを溜めこむ効果があるため、特に年齢を重ねたお肌のスキンケアにはお勧めの成分と言えます。

50代の保湿化粧水を選ぶときに注意しておきたい点

これらの要素に加えて、何と言っても50代の化粧水選びで失敗しないために是非とも注意しておきたいもう一つの点は、敏感なお肌にできるだけ負担をかけない低刺激の保湿化粧水を選ぶということです。

この年齢になるとほとんどの女性は更年期の影響もあって、ホルモンのバランスが乱れることが多いものです。こうした状況では、これまで以上にお肌が外部からの刺激に対して敏感になるものです。

特に化粧水は、洗顔した後の無防備な状態になったお肌に直接つけるものです。そのため、防腐剤や合成界面活性剤、さらには香料といった添加物が一切含まれていないものを選ぶのが大事なポイントと言えるでしょう。

それと同時に、エタノールとも呼ばれるアルコールが含まれていないかどうかをきちんとチェックすることも必要です。一般に、エタノールはお肌を引き締める効果がある成分として知られているとは言え、大事なお肌の水分を蒸発させてしまう作用をも持っているのです。

それで、やはりある程度の年齢を重ねて、より敏感になり乾燥気味になっているお肌には是非とも避けたい成分であると言えるでしょう。”

20代の保湿化粧水の選び方

20代はまだまだ若いので、スキンケアにはそれほど手間を掛けていない人も多いようです。しかし、20代の頃のケアが30代以降の肌を決めますので、なりたい肌を実現できるようなアイテムをしっかりと押さえて毎日コツコツとケアを続けたいところです。

皮膚が乾燥してきたりくすみが目立つ場合には、潤いが足りなくなっています。潤いが足りない時には肌中の水分が不足している状態ですので、保湿化粧水を取り入れる必要があります。

20代の保湿化粧水の選び方はこれだ!!

20代の女性は美白がもっとも気になることの一つであり、美白成分が高配合されているものを利用することが多いのですが、美白成分の濃度が高いと皮膚が乾燥しやすい傾向にありますので、選び方としては美白成分の濃度を調節するというのも一つの方法です。

確かに白くて美しい素肌には誰もが憧れますが、肌が乾燥によってくすんでしまうとワントーン暗く見えてしまいますので、せっかくの効果も限定的になります。それよりも瑞々しい状態を維持して明るいトーンを維持した方が美しく見えます。

美白成分としてよく利用されるのがビタミンC誘導体であり、皮脂を抑制したり美白を行ったり、ハリをもたらしてくれるという優れた成分です。

20代は成分に気を付けよう!!

若い女性に欲しい機能がかなりカバーされていますので、ビタミンC誘導体を取り入れる人は多いようです。価格的にも手頃な商品に配合されていることが多く、肌の悩みを解決する手段となり得るものです。しかし、ビタミンC誘導体は乾燥の要因となりますので、保湿成分がしっかりと配合されているものを選ぶべきです。

成分としては、保湿効果に優れているのはセラミドのように効果が持続されやすいタイプだといわれていますが、若い肌にはまだそこまでの保湿力が必要ではないケースも多いので、ヒアルロン酸やコラーゲンなどを活用します。

どちらもプチプラ化粧水に含まれていることが多いのですが、安くても保湿はしっかりと行えます。保湿成分は美白成分と違って高濃度に含まれているものが望ましく、浸透率にもこだわりたいところです。ナノ化などの浸透性にまでこだわっている商品は、同じ配合であっても高い効果が期待できます。

テクスチャーは、皮脂の多い若い世代にはトロッとしていてベタつきが大きいものはお勧めできません。

年齢を重ねた肌のように、化粧水をつけてもすぐに乾燥してしまうような肌ならトロッとしたタイプが適しているのですが、若い肌は皮脂も多めに分泌されていますので衛生的に良くない環境になります。

ニキビ発症の引き金になることもありますので、肌につけるとすぐに馴染むようなサラッとしたタイプが望ましいといえます。この辺りを間違えると、毎日せっせとケアを行っているのに皮脂による毛穴汚れが酷くなったりニキビが増えたりといったトラブルに悩まされます。

20代はまだまだ若いと思っていても、半ばを過ぎると段々とキメが粗くなってきます。小じわが目立つ人も出始めて、本格的な保湿ケアが必要になります。

ヒアルロン酸やコラーゲンによるケアで物足りなさを感じたら、ターンオーバーが遅れがちになっている可能性がありますので、促進させるためにプラセンタを使うというのも一つの方法です。

忙しく仕事をしていたり生活習慣が不規則になることでホルモンバランスが崩れてターンオーバーにも乱れが生じることがありますが、プラセンタを取り入れれば正常化できます。

若い肌はお手入れをすると面白いように効果が表れますので、まずは何が正しいケアなのかを知ることが大切です。そして、乾燥が気になる時には美白はほどほどにして、美白有効成分が高配合されているタイプは使用しないようにします。保湿成分はたっぷりと配合されているのがベストであり、肌馴染みが良くベタつかない化粧水を選びます。

30代の保湿化粧水の選び方

“年齢を重ねていくと、シミやシワ、肌のたるみなどのトラブルがじょじょにあらわれやすくなります。これは加齢によるもので、しかたがないことですが、だからといって何もケアをしていないと、どんどんと症状が悪化するので注意が必要です。30代は、肌の衰えを感じ始める時期です。この時期からエイジングケアに取り組むことで、肌トラブルを症状を抑えることが期待できます。

30代のエイジングケア!!

30代からエイジングケアをはじめようと思ったら、化粧水から工夫するのがおすすめです。化粧水はスキンケアの1番最初に使用するアイテムで、洗顔などで綺麗になった肌に最初に触れるものです。なので、自分にピッタリの化粧水を選ぶことで、美容効果を高めることが期待できます。さらに、化粧水には美容液や保湿クリームの浸透率を高めるという働きもあるのもポイントです。

30代から感じやすい肌トラブルの1つが、肌の乾燥です。これは、保湿の三大因子と呼ばれている皮脂膜、角質細胞間脂質、天然保湿因子の3つが減少をはじめることが理由です。これら3つの因子が減少をはじめると肌の乾燥に加え、バリア機能の低下による炎症やかゆみなども出やすくなるので気を付けましょう。

化粧水には美白化粧水や収れん化粧水、拭き取り化粧水などがありますが、30代からのエイジングケアでは保湿化粧水を選ぶことが大切です。保湿化粧水を選ぶことで肌の水分量を高めることができるうえに、三大因子の減少を抑えることが期待できるからです。

ですが、一言で保湿化粧水と言っても、配合される美容成分によってさまざまな特徴があります。ですので、上手な選び方を覚えておくことが大切です。

自分の肌質をチェックしてみて乾燥が気になるという人は、保湿を重点的に行うようにしましょう。そのためには、ヒアルロン酸やセラミドなどの保湿成分が配合された化粧水がおすすめです。

セラミドとは?

セラミドは、肌の表面に近い表皮と呼ばれる部分にある保湿成分なので、高い浸透率を期待することができます。さらに、細胞と細胞の間に水分を蓄える働きに優れていて、外部からの刺激から肌を守るバリアのような働きも兼ねています。これを補っていくことで、肌の水分量が高まると同時に、炎症やかゆみなども抑えることも可能です。

一方のヒアルロン酸は、セラミドよりも肌の奥である真皮にある保湿成分になります。ヒアルロン酸は水を抱え込む働きに優れていますが、40代になると急激に減少するという特徴もあります。ですので、これを防ぐために30代から補うようにしましょう。

オイリー肌だという人は、皮脂量が水分量よりも多いという特徴があります。これをケアするためには皮脂を抑えることに意識がいきがちですが、水分量を高めることも大切です。皮脂量を抑えるためにはビタミンC誘導体が効果的ですが、肌を乾燥されるというデメリットもあるからです。

オイリー肌の人がエイジングケアをする場合は、皮脂が気になる部分だけピンポイントで皮脂を皮脂を抑える化粧水を使うようにしてみましょう。これに加え、目元や頬、口元など乾燥が気になる部分に保湿化粧水を使用するのがおすすめです。

肌のくすみやシミなどの黒ずみが気になるという人は、肌の新陳代謝を高めるように意識してみましょう。30代は10代や20代と比べると肌に代謝が低下しており、その結果、ツヤや張りのない肌が長く留まることが考えられるからです。肌の新陳代謝を高めるためには、プラセンタエキス配合の化粧水が最適です。プラセンタエキスを補えば肌のターンオーバーを正常に近づけることができるので、肌のたるみやツヤの改善とともに、シミなどの黒ずみケアも期待することができるからです。”