50代の保湿化粧水の選び方

体の老化に伴い、50代のお肌には、これまで以上にしっかりとしたエイジングケアが必要になると言えるでしょう。お肌の老化によって、大切なバリア機能が衰える傾向にあり、表皮の皮膚が乾燥してめくり上がりやすい状態になっています。

こうした状態で有害な紫外線にさらされてしまうと、その刺激が真皮にまで到達して大事なエラスチンやコラーゲンが大きなダメージを受けてしまいます。

そんな50代のお肌にお勧めなのが、真皮までしっかりとケアするのに効果的な保湿化粧水です。もちろん、一言で保湿化粧水と言っても、実に多くの種類があるものです。そこで、正しい保湿化粧水の選び方のポイントをしっかり押さえておくことが必要でしょう。

50代の保湿化粧水の選び方は?

50代のお肌に合った化粧水の選び方として是非とも押さえておきたいポイントは、保湿力が高いものであるとともに、真皮層までしっかりケアできる美容成分がたっぷり含まれているものを選ぶということです。

例えば、お肌の乾燥に伴ってできてしまったシワを改善するためには、お肌の土台ともなるコラーゲンを増やさなければなりません。

しかし、そうだからと言って、コラーゲン配合の化粧水ならどれを選んでもエイジングケア効果があるというわけではないのです。基本的に言って、コラーゲンには幾つもの種類があり、分子も比較的大きめであるため、年齢を重ねたお肌にはなかなか浸透していかないという特性があるからです。

50代の肌に必要な成分は?

それで、50代のようにある程度年齢を重ねたお肌なら、お肌に馴染みやすいフィッシュコラーゲンのような、低分子のコラーゲンがたっぷり配合されている保湿化粧水を選ぶことができます。それによって、大切なお肌に十分な保湿を与え、より柔らかいお肌へと導くことができるからです。

また、正しい化粧水の選び方のもう一つのポイントは、コラーゲンの浸透力をより一層高めるために、コラーゲンと共に配合されている他の成分にも注意するということです。

一般的に言って、コラーゲンとの相性が良く、コラーゲンをより浸透しやすくする働きを持つ成分として、ビタミンC誘導体やレチノールといった成分があります。これらの美容成分がしっかり配合されている化粧水を選ぶよう心がけましょう。

さらに、50代の保湿化粧水の選び方で見逃すことができない別のポイントは、セラミドが配合されているものを選ぶということです。油溶性のセラミドには、お肌の角質層に潤いを溜めこむ効果があるため、特に年齢を重ねたお肌のスキンケアにはお勧めの成分と言えます。

50代の保湿化粧水を選ぶときに注意しておきたい点

これらの要素に加えて、何と言っても50代の化粧水選びで失敗しないために是非とも注意しておきたいもう一つの点は、敏感なお肌にできるだけ負担をかけない低刺激の保湿化粧水を選ぶということです。

この年齢になるとほとんどの女性は更年期の影響もあって、ホルモンのバランスが乱れることが多いものです。こうした状況では、これまで以上にお肌が外部からの刺激に対して敏感になるものです。

特に化粧水は、洗顔した後の無防備な状態になったお肌に直接つけるものです。そのため、防腐剤や合成界面活性剤、さらには香料といった添加物が一切含まれていないものを選ぶのが大事なポイントと言えるでしょう。

それと同時に、エタノールとも呼ばれるアルコールが含まれていないかどうかをきちんとチェックすることも必要です。一般に、エタノールはお肌を引き締める効果がある成分として知られているとは言え、大事なお肌の水分を蒸発させてしまう作用をも持っているのです。

それで、やはりある程度の年齢を重ねて、より敏感になり乾燥気味になっているお肌には是非とも避けたい成分であると言えるでしょう。”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です