20代の保湿化粧水の選び方

20代はまだまだ若いので、スキンケアにはそれほど手間を掛けていない人も多いようです。しかし、20代の頃のケアが30代以降の肌を決めますので、なりたい肌を実現できるようなアイテムをしっかりと押さえて毎日コツコツとケアを続けたいところです。

皮膚が乾燥してきたりくすみが目立つ場合には、潤いが足りなくなっています。潤いが足りない時には肌中の水分が不足している状態ですので、保湿化粧水を取り入れる必要があります。

20代の保湿化粧水の選び方はこれだ!!

20代の女性は美白がもっとも気になることの一つであり、美白成分が高配合されているものを利用することが多いのですが、美白成分の濃度が高いと皮膚が乾燥しやすい傾向にありますので、選び方としては美白成分の濃度を調節するというのも一つの方法です。

確かに白くて美しい素肌には誰もが憧れますが、肌が乾燥によってくすんでしまうとワントーン暗く見えてしまいますので、せっかくの効果も限定的になります。それよりも瑞々しい状態を維持して明るいトーンを維持した方が美しく見えます。

美白成分としてよく利用されるのがビタミンC誘導体であり、皮脂を抑制したり美白を行ったり、ハリをもたらしてくれるという優れた成分です。

20代は成分に気を付けよう!!

若い女性に欲しい機能がかなりカバーされていますので、ビタミンC誘導体を取り入れる人は多いようです。価格的にも手頃な商品に配合されていることが多く、肌の悩みを解決する手段となり得るものです。しかし、ビタミンC誘導体は乾燥の要因となりますので、保湿成分がしっかりと配合されているものを選ぶべきです。

成分としては、保湿効果に優れているのはセラミドのように効果が持続されやすいタイプだといわれていますが、若い肌にはまだそこまでの保湿力が必要ではないケースも多いので、ヒアルロン酸やコラーゲンなどを活用します。

どちらもプチプラ化粧水に含まれていることが多いのですが、安くても保湿はしっかりと行えます。保湿成分は美白成分と違って高濃度に含まれているものが望ましく、浸透率にもこだわりたいところです。ナノ化などの浸透性にまでこだわっている商品は、同じ配合であっても高い効果が期待できます。

テクスチャーは、皮脂の多い若い世代にはトロッとしていてベタつきが大きいものはお勧めできません。

年齢を重ねた肌のように、化粧水をつけてもすぐに乾燥してしまうような肌ならトロッとしたタイプが適しているのですが、若い肌は皮脂も多めに分泌されていますので衛生的に良くない環境になります。

ニキビ発症の引き金になることもありますので、肌につけるとすぐに馴染むようなサラッとしたタイプが望ましいといえます。この辺りを間違えると、毎日せっせとケアを行っているのに皮脂による毛穴汚れが酷くなったりニキビが増えたりといったトラブルに悩まされます。

20代はまだまだ若いと思っていても、半ばを過ぎると段々とキメが粗くなってきます。小じわが目立つ人も出始めて、本格的な保湿ケアが必要になります。

ヒアルロン酸やコラーゲンによるケアで物足りなさを感じたら、ターンオーバーが遅れがちになっている可能性がありますので、促進させるためにプラセンタを使うというのも一つの方法です。

忙しく仕事をしていたり生活習慣が不規則になることでホルモンバランスが崩れてターンオーバーにも乱れが生じることがありますが、プラセンタを取り入れれば正常化できます。

若い肌はお手入れをすると面白いように効果が表れますので、まずは何が正しいケアなのかを知ることが大切です。そして、乾燥が気になる時には美白はほどほどにして、美白有効成分が高配合されているタイプは使用しないようにします。保湿成分はたっぷりと配合されているのがベストであり、肌馴染みが良くベタつかない化粧水を選びます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です