30代の保湿化粧水の選び方

“年齢を重ねていくと、シミやシワ、肌のたるみなどのトラブルがじょじょにあらわれやすくなります。これは加齢によるもので、しかたがないことですが、だからといって何もケアをしていないと、どんどんと症状が悪化するので注意が必要です。30代は、肌の衰えを感じ始める時期です。この時期からエイジングケアに取り組むことで、肌トラブルを症状を抑えることが期待できます。

30代からエイジングケアをはじめようと思ったら、化粧水から工夫するのがおすすめです。化粧水はスキンケアの1番最初に使用するアイテムで、洗顔などで綺麗になった肌に最初に触れるものです。なので、自分にピッタリの化粧水を選ぶことで、美容効果を高めることが期待できます。さらに、化粧水には美容液や保湿クリームの浸透率を高めるという働きもあるのもポイントです。

30代から感じやすい肌トラブルの1つが、肌の乾燥です。これは、保湿の三大因子と呼ばれている皮脂膜、角質細胞間脂質、天然保湿因子の3つが減少をはじめることが理由です。これら3つの因子が減少をはじめると肌の乾燥に加え、バリア機能の低下による炎症やかゆみなども出やすくなるので気を付けましょう。

化粧水には美白化粧水や収れん化粧水、拭き取り化粧水などがありますが、30代からのエイジングケアでは保湿化粧水を選ぶことが大切です。保湿化粧水を選ぶことで肌の水分量を高めることができるうえに、三大因子の減少を抑えることが期待できるからです。

ですが、一言で保湿化粧水と言っても、配合される美容成分によってさまざまな特徴があります。ですので、上手な選び方を覚えておくことが大切です。

自分の肌質をチェックしてみて乾燥が気になるという人は、保湿を重点的に行うようにしましょう。そのためには、ヒアルロン酸やセラミドなどの保湿成分が配合された化粧水がおすすめです。

セラミドは、肌の表面に近い表皮と呼ばれる部分にある保湿成分なので、高い浸透率を期待することができます。さらに、細胞と細胞の間に水分を蓄える働きに優れていて、外部からの刺激から肌を守るバリアのような働きも兼ねています。これを補っていくことで、肌の水分量が高まると同時に、炎症やかゆみなども抑えることも可能です。

一方のヒアルロン酸は、セラミドよりも肌の奥である真皮にある保湿成分になります。ヒアルロン酸は水を抱え込む働きに優れていますが、40代になると急激に減少するという特徴もあります。ですので、これを防ぐために30代から補うようにしましょう。

オイリー肌だという人は、皮脂量が水分量よりも多いという特徴があります。これをケアするためには皮脂を抑えることに意識がいきがちですが、水分量を高めることも大切です。皮脂量を抑えるためにはビタミンC誘導体が効果的ですが、肌を乾燥されるというデメリットもあるからです。

オイリー肌の人がエイジングケアをする場合は、皮脂が気になる部分だけピンポイントで皮脂を皮脂を抑える化粧水を使うようにしてみましょう。これに加え、目元や頬、口元など乾燥が気になる部分に保湿化粧水を使用するのがおすすめです。

肌のくすみやシミなどの黒ずみが気になるという人は、肌の新陳代謝を高めるように意識してみましょう。30代は10代や20代と比べると肌に代謝が低下しており、その結果、ツヤや張りのない肌が長く留まることが考えられるからです。肌の新陳代謝を高めるためには、プラセンタエキス配合の化粧水が最適です。プラセンタエキスを補えば肌のターンオーバーを正常に近づけることができるので、肌のたるみやツヤの改善とともに、シミなどの黒ずみケアも期待することができるからです。”

Hello world!

WordPress へようこそ。これは最初の投稿です。編集もしくは削除してブログを始めてください !